ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

情熱の罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一歳の誕生日の夜、女友達とはしゃいで遅くなったベラは、車で一方通行の道を間違って走り、高級車に正面衝突した。壊れたブガッティから現れたのは息をのむほど魅力的な男性、有名な銀行家のリコ・ダ・シルヴァだった。彼はさんざんベラを非難し、ひどく侮蔑した。服装から売春婦ときめつけられ、彼女は悲しかった。生い立ちは不幸だし、今も貧しいが、そんな女ではない。ところが次の日、車の保険が更新されていないことを知り、ベラは打ちのめされた。しかたなく彼女は銀行にリコを訪ねる。そして、彼がボディーガードを解いた一瞬の隙に、二人は大銀行家を狙っていた誘拐犯に地下駐車場から連れ去られた。彼と二人きり、頑丈なコンテナに閉じ込められてしまったことから…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

偽りの恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイチェルがニコレット大学に勤め始めて、はや四カ月。つらい経験をして以来、恋愛への興味はゼロだ。なのに恋人の斡旋をしようとする外野がうるさくてかなわない。私は恋人なんてほしくないのに!だが仕事帰り、雨宿りに飛び込んだアイスクリーム店でまさか理想の恋人に出会えるとは思わなかった。その男性は自由を満喫しているハンサムなパイロットで、結婚、結婚と騒ぎ立てるきょうだいたちをどうしたら黙らせることができるか考えあぐねていると言う。もし私達が恋人同士のふりをしたら…お節介をやかれずにすむ!交渉はただちにまとまった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マイケルズ,レイ
ハッピーエンドの物語が好きで、子供のころ読んだ本の結末に満足できず、自分で書こうと心に決めた。そして、いつか小説を書きたいという夢を胸に、まず堅実に、新聞記者で生計を立てようと考えた。ところが、その仕事がうまくいかず、結局、ロマンス小説家だけが書けるハッピーエンドの物語を書くようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

オランダの休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
孤児院で働く心優しいルーシーは、恵まれない子供たちの世話に生きがいを感じる毎日を送っている。けれども、世界中を駆け巡る活動的な両親と華やかで充実した生活をエンジョイする姉と妹に囲まれるとなんとなく居心地の悪い思いをするのも事実だ。そんなある日、重病の子供を連れて病院に行ったルーシーは担当医のドクター・サーロウに会って、一大決心をする―“どんなことをしても私はあの人と結婚してみせる”ところが、もともと引っ込み思案の上に初めての恋とあっては、ルーシーの思いは空回りするばかり…。

内容(「MARC」データベースより)
孤児院で働くルーシーは、恵まれない子供の世話に生きがいを感じて毎日を送っている。だが、華やかな姉妹や両親にかこまれるとなんとなく居心地が悪いのも事実だ。ある日、子供を病院につれていったルーシーはドクター・サーロウに会い、一大決心をする。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

楽園の憂鬱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学卒業を間近に控えたアンナの前に、幼いころから恋い焦がれるダン・トーレンが四年ぶりに現れた。彼は作家として成功を収め、今はバハマの孤島で暮らしていた。急死したアンナの後見人、ギャビンの遺言によれば、息子のダンが後見人の役を引き継ぎ、アンナの面倒を見るという。初恋の人との再会で半ば自暴自棄になって体調を崩したアンナになぜかダンは好意を示し、自分の島で静養させようとする。四年前、あの別れの日にダンを愛する気持も捨てたはず。それに彼には奥さんと息子もいる―アンナは自分に言い聞かせた。ところが、ダンは彼女への熱い思いを隠そうとはしない。

熱砂に燃えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
写真家としてアラブに取材に行った兄が、反政府組織に誘拐された!その知らせを受けたクリスティ・ダルトンは、兄の救出に力を貸してくれそうな人物に接触を試みた。シーク・シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。国際的実業家としてその名を知られたサウジアラビア人だ。だがクリスティには、彼の魅力的で洗練された外見の下に、冷酷非情な顔が潜んでいるように思えてならない。事実、クリスティの必死の懇願も、なんの効果もなかった。そこで彼女はシャリフの不利になる情報を切り札としてちらつかせ、彼と一緒にアラブに行く保証を取りつける。しかし彼の国では、未婚女性は友人とはみなされず、妻か、あるいは愛人を装わなくてはならないという…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で二人とも生涯の伴侶を得たというロマンスの主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

始まりはウエディング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
友人のパーティーでハニーはグレアムと言い争っていた。以前からグレアムはしつこく結婚を迫り、愛してもいない彼と結婚する気のないハニーはうんざりしていた。いくら断ってもあきらめないグレアムは、そのときもまた…そこへ、ベン・クレアモントという男性が現れ、ハニーをさりげなくパーティー会場から連れ出してくれた。静かなバーでベンは彼女の話を親身になって聞き、最初は警戒していたハニーもいつしか彼との会話を楽しんでいた。翌朝、ベンから電話で食事に誘われたハニーは、グレアムとの問題を解決する“完璧な”方法を提案された。しかし、それは彼女にとっては信じられない方法だった。グレアムから逃れるために、ベンと形式だけの結婚をするなんて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。夫との間に三人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛に震えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
優しかった大切な母が末期の癌だという突然の知らせに、リーアンはとるものもとりあえず、飛行機に乗った。到着した空港には、義兄ディミートリが迎えに出ていた。リーアンが十代のとき、母がディミートリの父親と再婚したのだ。ハンサムで、大人の男性としての深い魅力を持つディミートリは、リーアンにとって憧れの人だった。彼女は夢中で追いかけた。だがある日、彼にすがってはっきり拒絶され、心底傷ついた。それ以来リーアンは家を出て、彼にはこれまで会っていなかった。二人で衰弱した母を見舞ったあと、ディミートリは言い出した―明日をも知れない母を喜ばせる方法は一つしかない、二人が偽装結婚をすることだ、と。彼には美しい恋人もいるのに。遺産問題が絡んでいるらしいと疑う間もなく、事態は急速に進んだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は炎のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サラは友人のパーティで夫ラファエルと五年ぶりに再会した。彼は今や世界に名をはせる気鋭の画家だが、サラが十八歳のとき旅先のパリで知り合ったころは無名で貧しかった。二人はたちまち激しい恋に落ちて結婚した。しかし二年後、ラファエルが冷酷で不実な夫であることをサラは思い知らされた。結婚に猛反対していたサラの両親は、ラファエルの浮気を理由に娘を夫から無理やり引き離した。当時妊娠していたサラは双子を産み、今まで懸命に育ててきた。夫は子供のことなどすっかり忘れているのだと思いながら。ところが、あと三ヵ月たてば五年の別居期間が終わり、離婚が成立するというとき、ラファエルが突然目の前に現れたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱はほろ苦く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレアは四歳のときフレッチャー家の養女になったが、六年後に養父母が事故で他界すると、義理の祖父に引き取られた。吝嗇な義理の祖父は血のつながりのない孫娘をろくに学校へも行かせず、無給のメイド兼看護婦としてこき使った。しかし、その義理の祖父も長患いの末に亡くなり、弁護士によって遺言が読み上げられたとき、クレアは愕然とした。いとこの一人と結婚するという条件つきで全財産が彼女に譲られるのだ。長年、義理の祖父に尽くしてきた使用人の老夫婦には何も遺されていない。私は何もいらないけれど、このままでは老夫婦が路頭に迷ってしまう。クレアは悩んだあげく、いとこの一人デインに思いきって結婚を申し込む。十六歳のときに彼女の心を切なくときめかせた男性―いまや大財閥のトップで、多くの女性と浮き名を流しているデインに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

雇われた花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シャーロット・ロバーツが家の近くで働けるところといったら、ジョー叔父が働いていたサンフォード石油化学しかなかった。叔父は仕事中のけがで退職したのに、会社は年金も払ってくれない。母が亡くなってから叔父と二人暮らしの生活だが、家の経済状態を異常なまでに心配し始めた叔父の様子が気にかかる。今夜帰ったら話し合わなければ…と考えながら交差点に近づいた時、シャーロットはメルセデスとフォードの衝突事故を目撃した。フォードが“直進優先”の標識を無視して先に曲がろうとしたのだ。彼女の証言で、メルセデスの男は警察の事情聴取だけですんだ。彼はサンフォード石油化学の本社から来た会計士だという。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{推理物.com} {三国志・西遊記}

ooo千葉県の重要文化財一覧ooo うまい米@千葉ooo 千葉の事。ooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 新鮮 魚料理を食すooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo -うぐいす谷Guide-ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo Fight!格闘技オタク!ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉の道の駅ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉県の自然ooo 渋谷ぶらりooo 千葉鰻ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo