ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋は潮風に乗って (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
祖父とたった二人、船で太平洋の島々を巡っていたエンジェルだが、その祖父が海に葬ってほしいと言い残して息をひきとった。エンジェルはシー・フィーバー号からゴムボートでバリ島に上陸し、助けを求めるために、浜辺に立つ邸宅に入っていった。主らしい日焼けした男性に事情を話すと、チャールズというその男は力になってくれると言う。翌日、領事館の役人の立ち合いのもとに、無事に葬儀は終わった。船に戻ろうとするエンジェルは、チャールズから朝食に誘われる。「昨夜は鎮静剤がきいて、よく眠れたようだね」彼は何げなく言った。エンジェルは叫んだ。「私に薬をのませたとおっしゃるんですか?」。

内容(「MARC」データベースより)
祖父とたった2人、船で太平洋の島々を巡っていたエンジェルだが、その祖父が海に葬ってほしいと言い残して息をひきとった。エンジェルはシー・フィーバー号からゴムボートでバリ島に上陸し、助けを求めたが…。

信頼のあかし (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リンがイスラエルのキブツにやってきて六ヵ月がたった。今まで裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたのが、父親に愛人ができたことで両親は離婚、家庭は崩壊してしまった。傷ついた心をかかえ、何かを求めてイギリスを飛び出したものの、状況は何も変わらず、ただ毎日をむなしく過ごすばかりだ。そんなとき、モーガン・フレンチと名乗る男性がキブツを訪れ、父親から預かってきた手紙をリンに手渡した。それによると、母親までも娘を捨てて再婚したというのだ。信じられない思いで、帰国に同意したリンはさらに驚いた。一ヵ月もかけて船で帰るなんて…それもモーガンと一緒に。

内容(「MARC」データベースより)
リンがイスラエルにきて6カ月。裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたのが、父に愛人ができて両親は離婚、そして母までも再婚。そんなとき、モーガンという男が父からの手紙をリンにわたしにきた。帰国に同意すると船でいっしょに帰ることになり…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

奔放な情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日、婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーはそこで彼の兄ハリソンと出会った。彼は実業家として成功しているたくましく精悍な男性で一目見た瞬間にキンバリーは強烈な魅力の虜になってしまった。けれどハリソンは、キンバリーを財産目当ての軽薄な女だと罵り、手切れ金をやるから身を引け、と冷酷な言葉を投げつけた。そればかりか、怒った彼女の唇を荒々しく奪ったのだ。穏和なダンカンにはないハリソンの圧倒的な魅力が怖くなり、キンバリーはわざと悪女を演じて小切手を受け取った。だが二年後、偶然再会した二人は憎しみと情熱をぶつけ合ううちに、激しい感情の嵐にのまれ、一夜を過ごした。そして、キンバリーは妊娠してしまい…。

内容(「MARC」データベースより)
婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーは彼の兄ハリソンと出会った。一目でハリソンの強烈な魅力の虜になるが、彼は彼女を財産目当ての軽薄な女だと罵るのだった。2年後、偶然再会した2人は…。

妹と恋人の間 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デイジーはイギリスの田舎にあるハミルトン家の家政婦の娘。ハミルトン家の息子マットとは兄妹のように育った。十歳上のマットは、デイジーにとってあこがれの王子さまだった。彼は大学入学とともに家を離れ、卒業後もニューヨークに住んで、今は実業家として成功している。一年半前、マットは家族に黙って人気ロックシンガーと電撃結婚したが、半年前に彼の妻は生後間もない娘を残して事故死した。そのマットが娘を連れてクリスマスに帰ってきた。胸を高鳴らせて彼を迎えたデイジーだったが、以前と違ってよそよそしい彼の態度にとまどうばかりだ。けれども子供扱いされるのは相変わらず。私は十八歳、もう大人よ。あなたを誘惑してそれを証明してみせる。

内容(「MARC」データベースより)
デイジーはハミルトン家の息子マットと兄妹のように育った。マットはデイジーの憧れだった。マットは実家を離れ、ニューヨークで暮らしていたが、久々に帰ってくる。しかし、マットのよそよそしい態度にデイジーはとまどう…。

近くて遠い人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切ろうと会社をやめた。ちょうどそのころ、クォントラル産業会長秘書の求人広告を目にし、彼女はすぐに応募書類を郵送した。そして二度の面接試験にもパスし、入社してから二週間がたつ。もっとも会長自身は出張中とかで、まだ一度も会ってはいないが。いよいよ今日はその会長に会える―そう思ってキャシーは気負いこんで出社した。ところが、会長は彼女が新しい秘書だと知るや否や、「なんてことだ!」とたたきつけるようなひと言だけを残し、部屋から出ていってしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切るため会社を辞めた。新しい職、会長秘書となって2週間。やっと会長に会えると思ったが、会長は彼女が秘書だと知ると「なんてことだ!」と言い、部屋から出て行ってしまった。

バレンタインの夜に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
バレンタインの夜、ひょんなことからジョイは大物スターのマーカス・バレンタインと出会った。探るようなブルーの目に見つめられた時、ジョイの背筋に震えが走った。初対面の男性をこれほど意識したのは初めてだわ…。深みのある声で誘われ、ジョイは思いきってマーカスと踊ることにした。六ヵ月前につき合っていた男性から別れを告げられて以来、ジョイは仕事だけの単調な日々を送っていた。少しくらいはめをはずして楽しんでもいいはずよ。ダンスフロアで不意に唇を重ねられ、ジョイはわれを忘れてしまう。ところが、マーカスは彼女のことを浮気を楽しんでいる人妻と思い込み、険しい顔で侮蔑の言葉を浴びせかけるのだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

追いつかれた明日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ベニスのクレオパトラ”“世界でもまれな美女”“ベニスでいちばんエレガントな女性”リケッティ・ファッションハウスのデザイナー兼モデルとして国際的に活躍しているシンディ・マスターズはマスコミから、いくつも賛辞の代名詞を与えられていた。ひたすら美しく装い、優雅な笑みを振りまきながらも彼女の心の片隅は、いつもざわめきたっている。忘れたいと思い続けている光景と、一人の男…いつか、過去に追いつかれてしまうかもしれない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウエストン,ソフィー
ロンドン生まれ。五歳のときから物語を書き始める。生来の旅好きで、健康を害したおり回復を願って最初のロマンス小説を書くが、旅にはもう出られないと思っていた。だがそれは間違いだったようで、今にいたるまで大いに旅を楽しんできた。最近は都心に二匹の猫と暮らし、さくらんぼの木を植えて楽しんでいる。そして世界を旅して、物語の題材を探すことも忘れない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

復讐は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは愛情の薄い銀行家の家庭に育ち、二十歳を迎えた今、父親の銀行に勤める男性と結婚しようとしていた。婚約披露パーティの夜、彼女は自宅の温室で思いがけずルークと出会った。ルークは血のつながらない又従兄で、十歳の時に母親を亡くし、エミリーの家に引き取られたが、彼女の一家を露骨に憎んでいた。四年前、エミリーは彼に夢中になったが、すげなく拒絶されたのだった。彼女がルークと言い合っている時、温室に婚約者と姉が入ってきて、信じられない会話を交わした。なんとエミリーの婚約者は姉と恋仲だったのだ。「僕と付き合っていたことにして、婚約を解消すればいい」ルークは屈辱に震えるエミリーに解決策を持ちかけ、唇を寄せてきた。それが復讐の始まりだとも知らず、エミリーは彼のキスに応えていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ローレンス,キム
イギリスの作家。ウェールズ北西部のアングルジー島の農場に住む。毎日三キロほどのジョギングでリフレッシュし、執筆のインスピレーションを得ている。夫と元気な男の子が二人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

追いつかれた明日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ベニスのクレオパトラ”“世界でもまれな美女”“ベニスでいちばんエレガントな女性”リケッティ・ファッションハウスのデザイナー兼モデルとして国際的に活躍しているシンディ・マスターズはマスコミから、いくつも賛辞の代名詞を与えられていた。ひたすら美しく装い、優雅な笑みを振りまきながらも彼女の心の片隅は、いつもざわめきたっている。忘れたいと思い続けている光景と、一人の男…いつか、過去に追いつかれてしまうかもしれない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウエストン,ソフィー
ロンドン生まれ。五歳のときから物語を書き始める。生来の旅好きで、健康を害したおり回復を願って最初のロマンス小説を書くが、旅にはもう出られないと思っていた。だがそれは間違いだったようで、今にいたるまで大いに旅を楽しんできた。最近は都心に二匹の猫と暮らし、さくらんぼの木を植えて楽しんでいる。そして世界を旅して、物語の題材を探すことも忘れない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

伝説の愛の鳥 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼い頃、養女に出されたキャンデイス・ヒュームは、不幸な子供時代を過ごし、愛情に飢えた生活を送ってきた。今は企業の資料室の司書として、ひとりで生活している。仕事柄、唯一の肉親で父親違いの妹のことを知った彼女は、富豪の養女になった妹ステファニーに会いたい一心で、南太平洋に浮かぶ島ファライシにやってきた。運よく土産物の市で、ステファニーの一行をすぐ近くに見つけ、キャンデイスは、とっさにめまいに襲われたふりをした。「しゃがんで顔を伏せろ!」命令調の厳しい声が響く。ああ、ステファニーの義兄ソールね…でも、なんて冷たい目なの。

内容(「MARC」データベースより)
幼い頃養女に出されたキャンディス・ヒュームは不幸な子供時代を過ごし愛情に飢えた生活を送ってきた。ふとしたことから知った父違いの妹をたずねていった彼女を射ぬいたのは、妹ステファニーの義兄ソールの冷酷な視線だった。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

ooo風呂の事ooo 巣鴨で散策!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 歴史千葉ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo ショッピング 検索ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 千葉県の自然ooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 千葉文化ぶんか!ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 東京ぶらぶらooo